« きょうもひきこもり | トップページ | 加担する物語 »

足がもつれる

  新年はじめて外を歩く。50mほど先の郵便ポストまで年賀はがきを。初日の出を見に行ったが車から一歩も出なかった。仕事を中断して八千代X丸岡。ハーフタイムに渋谷幕張高時代の闘莉王の映像が流れる。彼はあのときほんとうはなん歳だったのか、などとつい不謹慎なことを。ジュビロ入りする高校生フットボーラーはJリーガーにプロの姿勢と熱さを学びたいとのこと。アナウンサーの引用だから正確な言葉ではないかもしれないが、技術的に学ぶ点はないというふうに聞こえた。じじつ足もとにボールがおさまるとぜんぜん慌てないもんね彼は。わたしは想像するだけで足がもつれる。




*パンプキン・ガールズ
 女の子たちはバッグや紙袋へ手を突っ込み、サブマシンガンをとり出して弾倉を装着した。椿子はドアの上のデジタルの赤い数字を見た。十八階を通過。
「出たとこ勝負だ!」

愚者と愚者 (下) ジェンダー・ファッカー・シスターズ

|

« きょうもひきこもり | トップページ | 加担する物語 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185858/4809161

この記事へのトラックバック一覧です: 足がもつれる:

« きょうもひきこもり | トップページ | 加担する物語 »