« 女子の日記はコメント欄もおしゃれ | トップページ | 無敵の人 »

若い女性が背筋をのばすとき

 バイト先の書店でクリスマスの日に慌しくはたらき、もう帰省してしまう年長の同僚と「よいお年を」と言葉をかけあうまでを描写したあとで supernova*. のあさこさんは日記をこうしめくくる。

 「良いお年を」ってすっごくいい言葉だなぁっておもった。めりーくりすますなんて言葉よりずっといい言葉だなっておもう!他意はない。かわいそうなわけでもない。もちろん強がりでもないです。

 
他意はない、が唐突。つづく二つの否定文はもっと唐突。でも唐突なままにわたしの胸におさまった。どういうことなのか七日間ぐらいは考えたと思う。たぶんあさこさんは自分の屈託のなさに呆れた、あるいは疑念を抱いた、あるいは誰かの気遣いがにじむ助言が聞こえた。お前はもう少し現実をみたほうがいいけど、毎日たのしそうでなによりだ。(これは二日後の日記に引用されたお父さんの言葉です)。で、「他意はない」という短い否定文を使って転調させ、誰かがとがめたわけでもないのに、この若い女性は背筋をぴんとのばしたのだ。書き手の資質と文章技術の幸せな出会いを感じさせる印象的な一文。







*パンプキン・ガールズ
 
不良少女の群れは、池袋の暴動の惨めな敗北のせいで元気がなく、ときおり小さな騒動を起こしては、あっさり射殺された。
愚者と愚者 (下) ジェンダー・ファッカー・シスターズ

|

« 女子の日記はコメント欄もおしゃれ | トップページ | 無敵の人 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185858/5059803

この記事へのトラックバック一覧です: 若い女性が背筋をのばすとき:

« 女子の日記はコメント欄もおしゃれ | トップページ | 無敵の人 »