« 煽動する女子 | トップページ | 意味がわからねえと家の人の息子が言う »

怒れる女子

 2月18日の記事のつづき。
 煽動する人には見えなかったので、〈おーちや。〉をのぞいてみた。おーちようこさんは紙媒体で主に仕事をする人で、モダンアートに強い関心があるというか自身もアーチストで、作品の〈たましいくん〉は写真を見るとやわらかそうであったかそうでユーモラスで、おーちさんの人柄そのものという印象。酒が強くてしょっちゅう飲み会をやってるらしい。たしか別府温泉の劇場の踊り子さんの神業の抱腹絶倒のレポートなんかも書いてる。明和電気の追っかけのようなことも。これだけでセンスに想像がつく。煽動するなんてことから遠く離れた人だ。でも日記をうろうろ読んでいくと、ことさら怒って見せることはしないが、世界の理不尽さへの怒りを隠したりしない人であることがはっきりとわかり、これはこれでまたおどろきだった。
 たとえば怪物じみた発行部数の新聞の書評欄は、芸事の発表会のようなもので、お行儀がよくてお上手。ほとんどの書評はそのじつ扱われた本とは関係のない自己完結したようするに中身からっぽの短い文章というべき。そういうものと、おーちさんの書評のちがいはなにか。前回引用した文章は常識的な書評から逸脱してると思うが、そんなことはどうでもよくて、『愚者と愚者』を読んだライターから、切れば赤い血が噴き出す生身の人間の言葉を返された作者としては、小説の幸せをつくづく感じたのです。.




|

« 煽動する女子 | トップページ | 意味がわからねえと家の人の息子が言う »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185858/5481554

この記事へのトラックバック一覧です: 怒れる女子:

» 2007-03-04 [おーちや。]
*[声] 感謝を。  取材のときは、楽しくおもしろく話ができたら幸せだなあ、と考えます。なにしろ、ほとんどの場合が「初めまして」のお方ですから。事前にその方の世界に触れ、あんなコトも聞きたい、こんなコトも話してもらえるだろううか、と胸をときめかせます。  願... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 01時14分

» [声] 感謝を。 [おーちや。]
 取材のときは、楽しくおもしろく話ができたら幸せだなあ、と考えます。なにしろ、ほとんどの場合が「初めまして」のお方ですから。事前にその方の世界に触れ、あんなコトも聞きたい、こんなコトも話してもらえるだろううか、と胸をときめかせます。  願わくば、この記事... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 01時22分

« 煽動する女子 | トップページ | 意味がわからねえと家の人の息子が言う »