« 誰がこんな映画を見るんだ? | トップページ | 恐る恐る観る »

「裸者と裸者」の文庫発売が12月にずれこみます

角川書店のS氏から電話。営業サイドが〈売り〉を年末年始に仕掛けたいので「裸者と裸者」の文庫化を12月にずれこませてよいかと。わたしには判断できないことなので了承。ということは今年の年収は70万を切るぞ。わたしのプレカリアート人生ではべつにめずらしいことじゃない。両親ともにプレカリアートだったしな。つまり物心がついたときからわたしはプレカリアートみたいなものだった。でも100万を切るのは7,8年ぶりぐらいなので、どういうわけか気分がハイに。

〈プレカリアート〉不安定な=precariousに由来する非正規雇用および失業者およびそのあたりの人の総称。
#以上はウィキペディアのまとめ。
#わたしの青春時代には似た言葉にルンペンプロレタリアートあるいはルンペンインテリゲンチャあるいはたんにルンペン。古くさ!!

Book 愛と悔恨のカーニバル (徳間文庫 う 7-3)

著者:打海 文三
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 誰がこんな映画を見るんだ? | トップページ | 恐る恐る観る »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185858/8031751

この記事へのトラックバック一覧です: 「裸者と裸者」の文庫発売が12月にずれこみます:

« 誰がこんな映画を見るんだ? | トップページ | 恐る恐る観る »