« おばかがおばかが | トップページ | ブックフェアの22冊と短いコメント »

ブックフェアの光景

池上冬樹さんのミクシィの9月13日の日記の抜粋です。

■なお、先日日記でふれた、青山ブックセンターで行われている
「打海文三先生の本棚」で選ばれている本のリストですが・・・。
山形の「小説家(ライター)になろう講座」の生徒
(神奈川在住。ミクシィでは「Nicopon」さん)が
ブックセンターに足を運び、本のリストを教えてくれた。
以下が、その22冊です。

(略)

なお、Nicoponさんによると、

> 展示中の書棚には、一冊につき約50文字以内のコンパクト
> にまとまった寸評が載ったカードが飾られていました。
> 明らかにファンらしき方が棚の前に立つと、まず先に
> それらのコメントを読み、次に、気になった書籍に手を
> 伸ばしている光景にも遭遇しました。

とのこと。いい光景なのではないでしょうか。

ここで描写されている光景に、わたしは励まされます。
わざわざ池上さんに知らせてくれたNicoponさんに、
自分の日記に転載してくれた池上さんに、
ずいぶん遅れてしまいましたが感謝。

ブックフェアは9月22日に無事終了。
青山ブックセンター六本木店の書店員さんの葉書によれば、
「女子高生ふうのティーンから、思いつめたおじさんまで、バラエティにとんだ客層だった」とのこと。
こういうふうに知らせてくれるのもうれしい。

えらんだ22冊の本のリストと短いコメントは明日か明後日にアップします。


Book 愛と悔恨のカーニバル (徳間文庫 う 7-3)

著者:打海 文三
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« おばかがおばかが | トップページ | ブックフェアの22冊と短いコメント »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185858/8104988

この記事へのトラックバック一覧です: ブックフェアの光景:

« おばかがおばかが | トップページ | ブックフェアの22冊と短いコメント »