« 「裸者と裸者」の文庫発売が12月にずれこみます | トップページ | ふたたび火狩朱夏さん »

恐る恐る観る

女優さんでえらんでDVDを観る。
90パーセントはそうする。
監督でえらぶのは4人だけ。
ロバート・アルトマンと3人のデヴィッド。
クローネンバーグとフィンチャーとリンチ。

ブルーベルベット (特別編) オリジナル無修正版 DVD ブルーベルベット (特別編) オリジナル無修正版

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

監督はデヴィッド・リンチ。パッケージをなんども見た。
『イグジステンズ』を二度観てしまったし、
リンチの作品では『ワイルド・アット・ハート』を気づかずに二度観たことがあるから。
けっきょく借りて恐る恐る観た。
86年の映画で俳優はローラ・ダーンをはじめみんな若い。
デニス・ホッパーはやっぱり悪漢の役で、悪態をつき人を殴り、
珍妙な赤ちゃんプレイでイッテしまう。
イザベラ・ロッセリーニは高校生男子を誘惑してぶってぶってと言い、
高校生男子はぶった記憶で涙ぐんだりする。
変態映画か?
演出は全体としてまぬけな感じ。20年前の映画はこんなものか。
ただしリンチはリンチだ。
恐ろしく鈍い。恐ろしく覚醒している。
一人高みにいる。
たぶんはじめて観た映画だと思う。

Book 愛と悔恨のカーニバル (徳間文庫 う 7-3)

著者:打海 文三
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「裸者と裸者」の文庫発売が12月にずれこみます | トップページ | ふたたび火狩朱夏さん »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185858/8047462

この記事へのトラックバック一覧です: 恐る恐る観る:

« 「裸者と裸者」の文庫発売が12月にずれこみます | トップページ | ふたたび火狩朱夏さん »