« 素顔のさらし方 | トップページ | 菜摘ひかるを読む―071007 »

詩人のからだ?

いつのことだったか記憶がまったくない。
渋谷の書店のアート関係の本棚で
伊藤比呂美の名前が眼にとまった。
ヌード写真集だった。新聞のエッセイを読み、たぶん詩もいくつか読み、
上野千鶴子の賛辞をなにかで読みまあそのていどでよく知らないのだが
伊藤比呂美という人のかなり強烈なイメージはあったので
すこしためらった。
けっきょく手にとり数枚見て閉じた。嫌な予感が当った。
見るんじゃなかったと後悔した。露悪趣味だろと思った。
狙いがなければ人間の肉体はあんなに醜く撮れないはず。

写真集のタイトルもおぼえていない。けさふと思い出して調べてみた。

手・足・肉・体―Hiromi 1955 Book 手・足・肉・体―Hiromi 1955

著者:石内 都,伊藤 比呂美
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これだと思う。撮影時の年齢は39歳。じゅうぶんに若い肉体のはず。
この表紙だけ見るとそうでもないが感じだが
じっさいはひどい露悪趣味。
写真を撮った石内都がまた強烈な個性の人。

石内都のインタビューから抜粋。http://www.imagef.jp/interview/library/010/index.html

「傷という物語」

続いて男の人の手と足を撮ってみたけれどつまらないのね。意外とふにゃふにゃで。それで手と足をやめて、骨格や筋肉や性器など私にないものを見たいという意識が強くなった。初めて男性のヌードを撮った時に、実は彼が大きな傷を持っている人だった。彼は傷の話を延々とし始めて、傷って物語があるし、語るという意味で現実のものだなと考えた。
(略)
私にとって暗室の作業というのは、性行為に近いんです。そういう気分があるわけ。撮影は淡白だけど、暗室ではねちっこい。赤いランプの光と毒の薬品に浸かる淫靡さというのかな。


あの詩人とこの写真家でなにが生まれたにせよ
わたしは二度と見たくない。
見たいっていう人をとめやしませんが。


Book 愛と悔恨のカーニバル (徳間文庫 う 7-3)

著者:打海 文三
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 素顔のさらし方 | トップページ | 菜摘ひかるを読む―071007 »

「日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185858/8253556

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人のからだ?:

« 素顔のさらし方 | トップページ | 菜摘ひかるを読む―071007 »